1-31.人生のリスクヘッジ/自転車に乗る人は自転車保険に加入すべき~タクコロが実体験を基に解説~

1.自転車(事故)の保険は必要経費?要らない出費?

どうも、みんなも自分も裕福にするぞ!タクコロ(@takukoro100en)です。

今日はお休みなので、月の出費を少しでも減らす為に保険の見直しや銀行の契約書の整理をしていると自転車向け保険証券が出てきました。保険証券をみて今日は自転車保険について書かねばと思い立って書かせていただきました。

保険を見直すと、実は要らない契約があり解約することもあるのですが、僕は自身が自転車での通勤や移動が多いので自転車保険は解約はしません。通勤で使わなくなったとしても、自転車に乗る限りは一生加入し続けるでしょう。

なぜかって?

簡単です、僕自身は被害者でしたが自転車に乗っている際に交通事故に遭ったことがあるからです。(ちなみにトップ写真の自転車はその時に全損となって今は存在しません)

交通ルールを守っていても事故に遭いました。普段から気をつけていますが、都内なので車は多いですし、自転車で信号無視や車道を逆走してくるヤバい奴は沢山いますから、いつ事故に巻き込まれてもおかしくないないです。

また自転車に乗っていると急に飛び出してくる子供やお年寄りにも何度も出遭っていまして、自分も加害者として事件を起こすかもしれないという不安があります。

なので僕自身は自転車保険は必要出費と考えてます。被害者になった時の自分への補償より、加害者になった時に賠償金や示談金が支払えないのが怖いので。

自転車って割と身近で皆さんも買い物などに使っていますよね、しかし自転車保険が必要と考えている人は少ないと思います。

実際に自転車が関与している交通事故の件数や賠償金の事例などから、自転車保険は本当に必要かどうか今日は考えてみてください。

 

2.自転車事故に遭う確率と高額賠償金の事例

交通事故件数や総人口数は警察庁と総務省のサイトから引用させていただきます。

2017年の交通事故は47万2165件、そのうち自転車が絡む事故は9万407件です。交通事故の約19%は自転車絡みの事故ですね。

また、2017年度の交通事故の死傷者は58万4541人となっています。日本の総人口の約4.6%にあたる人が交通事故に遭っています(2017年12月時点での総人口数が出ていなかったので、2017年10月の確定数1億2670万人から計算しました)

事故の4.6%のうち19%を自転車の事故だとすると、凄く大雑把に計算して自転車が絡む事故に遭っている人は、約0.9%。

逆に自転車事故に遭わない人は99.1%いると言えます。

仮に自転車に乗る年数を10歳から60歳として、50年間自転車事故に遭わない確率は0.991^50(0.991の55乗=63.6%。

人生で自転車事故に事故に遭う確率は36.4%。(非常に単純な計算なので数字に詳しい人が見ると突っ込まれそうですが)

3人に1人は人生で一回くらいは自転車事故に巻き込まれる計算になりますね。まあ僕も既に2回ほど自転車絡みの事故に遭いましたから高すぎる数字と思えません。

次に、自転車事故が起きた際の高額賠償が発生した事例です(日本傷害保険協会のWEBから引用)

上記のように賠償金が5000万~1億円近くなる場合もあります。

私が自転車に乗っていて自動車に轢かれた事故の時は、治療費や示談金を含めて60万円くらいは相手の保険会社が支払っていました。

高額賠償にならないとしても、50~120万円くらいは自転車事故で被害者側に支払われることなるそうです。事件の時、自分が契約している三井住友海上に問い合わせて聞きました。

自転車保険の保険料は会社によってまちまちですが、年2000~15000円位の掛け捨てです。

値段が高いプランは家族を含めた契約内容であったり、自身の怪我や入院時に支払われる料金が手厚くなるだけで、値段が低いものと比べても対人対物の賠償保険金額はそれほど変わらないです。(医療保険に入っている場合は安いプランでも良いと思います)

私が現在契約している自転車保険は年間3990円となっています。

10歳から60歳まで自転車に乗るとして、3990円×50年=195,000円

50年間で約20万円支払うことになりますが、事故を起こして支払うことを考えれば私は安いと思います。

 

3.自転車に乗るなら自転車保険には入るべき

上で書いたように自転車保険は、自転車に乗ることが少しでもある人は加入すべきだと思います。

ですが、自動車保険や火災保険、傷害保険に加入している人は個人賠償責任保険が特約でついている場合もあるので、わざわざ自転車保険に入る必要はないです。

個人賠償責任保険付いてないとしても、後から特約として付けられることもありますし、そういった場合は料金も個別で自転車保険に入るより断然お得です。(個人賠償責任保険は一つの保険で家族の起こした事故もサポートしてくるようですし)一度自身の保険内容を確認されてはどうでしょう?

自転車保険や個人賠償責任保険に未加入の人はこれを機会に加入されてはどうでしょうか?

本日は資産運用の話ではないですが、自転車保険は人生においてのリスクヘッジだと思い書いてみました。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

追記:ちなみに僕が加入している自転車保険は、セブンイレブンで簡単に契約できる三井住友海上の示談交渉付で賠償責任補償が最高3億円の『自転車向き保険』という保険です/年間3990円

ブログ資産化ゼミ

このゼミに参加すると、ホームページを作ったことの無いパソコン初心者の僕が2週間でブログが作れた!
費用はなんと月々のサーバー代だけ‼
ブログやホームページの作り方、自分磨きに興味がある方は今すぐクリック!

1-31.人生のリスクヘッジ/自転車に乗る人は自転車保険に加入すべき~タクコロが実体験を基に解説~” に対して1件のコメントがあります。

  1. とみます より:

    恐いですね…
    ちなみに、どんな自転車保険って入ってます?
    これを機に…
    トップのチャリ(´;ω;`)。

    1. タクコロ より:

      三井住友海上の自転車向き保険です。
      セブンイレブンで簡単に入れます。
      今回調べてそれよりも安いものあるのわかったんですが、同じ価格帯で賠償特約が3億いってるものが無いので今のところ変えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください