1-20.情報収集、お金の流れや仕組の理解の大切さと勝ち抜くためのチャンス/タクコロが自らの経験談を元に解説~芸能事務所、養成所編~

1.人生を有意義に過ごす為に/俳優(声優)や芸人、タレントを目指す(近くにそうゆう方がいる)人は読んでほしい

どうもみんなも自分も裕福にするぞ!タクコロです。

最近資産運用を始めて金利、複利、利息、利子とかの言葉に敏感になってきました。

20代のころ俳優、声優を目指す為に養成所に入りました。この養成所【俳優、声優、ダンサー、芸人】てのは、ピンキリですが年間40~100万円の費用が掛かります。

学費は一度に払えない人が多いからローンを組みます。どこでお金を借りようか迷う必要はありません。なんと親切にも養成所には提携の金融機関様がついていらっしゃるのです、、、、、準備良すぎじゃね?

当然私もほかの皆様と同じようにお金を借りました。

当時はお金にホントに疎かったので、年利15か18%くらいで借りていたのではないでしょうか?

ソーシャルレンディングの年利は5~10%くらいなので、今考えるとスッゴイ損していたなっと思います。

きちんと情報収集ができ、お金の仕組みや、流れを理解していないと只々お金と時間を浪費していくってことと、チャンスはどこに転がっているかはわからないという今日のお話。

2.世の中てホント良くお金を使わせるように出来ている

TVのCMや電車のつづり、雑誌の広告欄で見かけませんか、色々な養成所や芸能事務所の受講生募集の記事。

出生率は減ってきて、子供の数、日本人全体の数は減ってきているのに、養成所や事務所の数は増えています。当然、何で増えてるのかというと儲かるからですよね。

まぁ、ぼろい商売ですよね、芸能界は華やかだから、憧れる人は多いので人は集まりますからね。

500人くらい集めればいわゆる才能がある人、感性が良い人って1、2人はいます。そんな人は教え方が悪い講師でも関係なく成長していきます。養成所や事務所からすれば、才能のある人たちがプロ(事務所所属)になるだけでよいのです。他の養成所生がプロになれなくても養成所に何の責任もないってのがズルいですよね。全ては自己責任にできますからね。

プロとしてデビューした人たちが芸能界で稼いでくれるから、芸能事務所や養成所は経営が成り立ってくれているのでしょうか?

芸能事務所は、確かにプロの人たちの稼ぎで賄っているでしょう。

事務所と養成所が一緒であったり、養成所だけの会社はそこに通っている生徒の学費で経営しています。だから、プロデビューもさせる気もない生徒たちを飼い殺しにするのです。ただ、楽しく通ってお金を落としてくれればいいのです。

もし何かしらの芸事の養成所を通っている人が見ていれば考えていただきたいのですが、そこで講師をしている人はテレビや舞台、ステージでみたことありますか?

申し訳ないですが、あまり見掛けない人が多いと思います。いても、昔テレビで見かけたことがあるってくらいです。

はっきり言って、第一線で活躍している俳優、監督、演出家、脚本家クソ忙しいです。人に教えている暇なんてありません

つまり養成所には仕事をもらえない時間を持て余している俳優や監督、演出家がバイトするよりはいいかぁくらいで教えに来ています。

そんな人たちに教わっても得られることは少ないでしょう。

講師や事務員の人の給料に学費が消えていっているのであれば、世話になっているのでまだ許せますがそれだけではありません。

こういった養成所はプロデビューさせる予定の優秀な人たちだけを集めて教えているクラスがあります。そのクラスの運営費やその子たちのプロモーション代に使われているのです。

入所時や紹介のパンフにそういったクラスがあることを伝えているのであれば、他の養成所生の了承を得ているといえますが、こういったクラスがあることを秘密にしている養成所もあります。通っている生徒には他の養成所生に秘密にするように言い聞かせてます。

秘密にしている理由は簡単です。そのクラスに入ってない生徒が知ったら、みんな辞めてしまうからです。だってそうでしょう、そのクラスに選ばれていないということは、プロデビューさせる気がないってことですからね。

と上で書いたような養成所に通い、タクコロは貴重な20代前半の時間とお金をすり潰してしまいました。毎年凄い規模の養成所生を募集している芸能事務所や養成所では上で書いたようなことが良くあります。気を付けてください。

養成所は甘い言葉と一見誰にもチャンスはあるようなことを餌に養成所を辞めさせないようにさせてきますからね。いいように転がされていたなぁ。思い出すだけで、あー、恥ずかしくなってきます。

優秀な人達だけを集めた特別クラスがあることを明言している養成所であればチャンスは確かにあると思います。現に這い上がっていった人たちも知っていますから。

明言してない養成所は、入所スタート時点でそのクラスに入れていないのであれば早々に諦めて、別の道に進むか、別の事務所、養成所なり劇団を受けほうが良いと思います。

まぁ隠しクラスがあることを言ってなければわかんないといわれるかもしれませんが、今は情報社会です。調べれば結構色々出てきますし、もちろん根も葉もないウワサも転んでいますから情報の選択は必要ですけど。

3.真っ当にプロになるか、抜け道を使いプロになるか

手っ取り早く変な養成所に入らないようにする方法は、

有名な俳優や演出家、監督が所属しているか若しくは過去に所属していた年齢制限があり、入団、入所すること自体が非常に難しい劇団や事務所、養成所などを受けるのがいいと思います。そういったところは、きちんと全員を指導したいと考えおり、若者の貴重な時間を無駄にさせない為に最初の審査でがっつり落としてくれます。

若しくはそもそも劇団や養成所に通わないという方法もあります。じゃあどうやって役者や芸能人を目指せばいいんだ?と思いますよね。知り合いや友人に芸能関係者がいるなら相談してみましょう。その方との信頼関係があれば以外にすんなり、面談だけで、事務所に所属出来たり、有名な俳優さん、芸人さんの付き人や内弟子になれたりします。

僕は空手や殺陣の道場に通っていたころ、同じ生徒の中に芸能マネージャーがいまして、超有名な歌舞伎俳優さんの内弟子にならないかと持ち掛けられたこともあります。その時は歌舞伎役者になりたいわけでなかったので断りましたが、今思うと人生でプロになる為の最初で最後の大チャンスだったのでしょうね。歌舞伎俳優さんて最近は良く映像や歌舞伎以外の舞台の仕事もされています、昔よりだいぶ仕事の幅がありますからね。プロになってから方向転換すれば良かったってわけです。

僕の友人は芸能関係者に頼んで、面接だけで有名な事務所に受かってましたし、何事も抜け道はあるってことですね。

芸事はプロになってからの方がもっと厳しいことがまっている世界ですからね、なれたとしても生き抜くのが大変だと思います。

もし目指いしている人がいるなら、まずは何かの専門家になることを進めます。格闘技やアクション、ダンス、物まね、酒を飲むのが好きで必ずどこにでもかけつける、、、なんでもいいです。誰にも負けないものがあれば芸事の世界は生き抜けると思います。

僕が知っている芸事のプロは皆必ず何かのプロフェッショナルですから。

と過去の恥ずかしい話を本日は書かせていただきました。

最初に書いたように、情報収取とお金の流れを分かってないとお金と時間を只々浪費してしまうということ、チャンスはどこに転がっているかわからないという話でした。

凄く長くなりすぎたなァ、、、本日も読んでくださり、ありがとうございました。

ブログ資産化ゼミ

このゼミに参加すると、ホームページを作ったことの無いパソコン初心者の僕が2週間でブログが作れた!
費用はなんと月々のサーバー代だけ‼
ブログやホームページの作り方、自分磨きに興味がある方は今すぐクリック!

1-20.情報収集、お金の流れや仕組の理解の大切さと勝ち抜くためのチャンス/タクコロが自らの経験談を元に解説~芸能事務所、養成所編~” に対して1件のコメントがあります。

  1. 花火師 より:

    お金の流れを把握するのは本当に大事ですよねー!
    養成所の生の声、とても参考になります。

    1. タクコロ より:

      効率が全てではないですが、少しでも芸能の世界を目指している人たちが、変な回り道や、損をせずに進めれるように、書いてみました。
      恥ずかしいことばかり、やらかしてます

  2. いやはや、恐ろしい世界ですねぇ・・
    タコクロさん色々苦労されてますね。
    お金の流れを感じ取るのは大事ですよね。
    それに気づいたタコクロさんは、
    チャンスをつかみとれますよ!

    1. タクコロ より:

      ありがとうございます。
      世の中にはいくらでもチャンスは転がっているので、アンテナビンビンにして、逃さないようにします!

  3. とみます より:

    なるほど、そういった経緯があったんですね。
    えぐい話です。将来的には、タクコロさんがプロデュースしてあげてください( ゚Д゚)/

    1. タクコロ より:

      そうですね、ホントにいい事務所などには、将来裕福になれたら出資者として協力したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください